自家焙煎珈琲 丸喜のブログ

半田市の自家焙煎珈琲 丸喜のブログへようこそ!

  • feedlyで更新情報をフォロー
  • RSSで更新情報をフォロー

アジア最後の楽園『ミャンマー』の珈琲豆入荷♪

新しい珈琲豆を仕入れました♪

ミャンマーの 珈琲豆

以下、輸入商社「兼松」様HPより抜粋

2011年3月に民主化され、アジア最後の楽園として注目されるミャンマー。

コーヒー未開の地であるこのミャンマーより、希少なロットが届きました。

国の民主化に至る以前の2008年、当時の首都ヤンゴン(旧称ラングーン)で
スーパーマーケットを営むオーナーは、世界的にも貧しい国で生産される農産物の
多角化と、将来的な貿易商品多様化の一助となるべく、コーヒー生産のための農地を取得。

それまでも細々とコーヒーが生産されていた山間部において、
地元のコーヒー研究所の指導を仰ぎながら少しずつ苗木を生産、栽培面積の拡張を
進めて来て、ようやく商業ベースでのコーヒーの出荷へと成長しました。

実際に農園でコーヒーの生産に携わるのは、地元の農業学校を出た若者たちで、
熱心にコーヒーの生産方法を学びつつ、今後の品質向上にも非常に前向きです。

いわゆるアジア産アラビカで、ラオスやベトナムなどと同様にこれだけでは
カップの特徴があまりないものではありますが、来年に向けてチェリーの
集荷・精選・乾燥方法等を少しずつ伝え、継続的な品質向上を目指していきます。

将来的なコーヒー生産地の拡大に励んでいければという願いを込め、
日本でもあまり出回ることのないミャンマー産コーヒーを皆様と共に
広げていきたく考えております。

商品名の”Creation Myanmar”とは、生産者の企業名ですが、
これからのミャンマー産コーヒーを創造(Create)していきたいという
思いが込められています。

自家焙煎珈琲 丸喜

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。
(必須)が付いている欄は必須項目です。