自家焙煎珈琲 丸喜のブログ

半田市の自家焙煎珈琲 丸喜のブログへようこそ!

  • feedlyで更新情報をフォロー
  • RSSで更新情報をフォロー

マンデリンが“TOBAKO”に変わりました♪

インドネシアのスマトラ島、北スマトラ州にある、
TOBA(トバ)湖は、ほぼ赤道直下に位置し、南北
100km、東西30kmの、世界最大のカルデラ湖です。

湖面の標高は900mですが、カルデラ湖の特徴として、
湖の周囲一帯は、標高900mから1,800mの高原となっており、
まさにコーヒー栽培の適地と言えます。

湖からの霧の発生が多く、乾季でも降雨が時折ある
気候のため、年間降雨量は2,500-3,000mmと、やや多いです

が、これが独特のフレーバーを生む要因かもしれません。

オランダが、同地にアラビカ種のコーヒーを持ち込んだのが
17世紀末、インド経由でティピカ種がもたらされました。

主にジャワ島、スマトラ島でプランテーション栽培され、
オランダに大きな富をもたらしましたが、20世紀初頭の
「さび病」の大流行で、アラビカ種の栽培が出来なくなり、
ほとんどがロブスタ種へと移行しました。

このとき、僅かにアラビカ種のコーヒーが生き残っていたのが
トバ湖南岸のLINTONG(リントン)から、更に南の
MANDAILING(マンデリンと発音します)地区でした。

栽培していたのは、同地に住むBATAK(バタック)人の
一族のMANDAILING族と言われております。

MANDHELING 「TOBAKO」は、古くからの産地で、今なお
ティピカ系の樹が残っており、標高も1,200m以上の、
トバ湖南岸のLINTONG地区の豆で、「昔ながらのマンデリン」
の香りと苦味・コク、そして重厚なアフターテイストを守った逸品です。

アラビカ種の栽培昔ながらのマンデリンBATAK(バタック)人の一族 のMANDAILING族

ご好評いただいておりました、ペルマタガヨ農協産トリプル認証珈琲豆の『オーガニック・マンデリン』が品切れとなりましたので、再び定評のある『マンデリン・トバコ』を
仕入れました♪

甘みを伴ったしっかりとした余韻は、さすがトバコです(^^)v

あまり苦くなり過ぎないよう、フルシティローストで
仕上げました。

200g/950円 (100g/550円) にて
好評発売中です(^^)/

マンデリン・トバコは、丸喜オンラインショップでもご注文できます。

自家焙煎珈琲 丸喜

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。
(必須)が付いている欄は必須項目です。