自家焙煎珈琲 丸喜のブログ

半田市の自家焙煎珈琲 丸喜のブログへようこそ!

  • feedlyで更新情報をフォロー
  • RSSで更新情報をフォロー

次の数量限定スペシャルティ珈琲豆【エルサルバドル~ビクトリア農園~】入荷しました♪

愛知県半田市のスペシャルティ珈琲豆専門店「自家焙煎珈琲丸喜」店長のまるきますたです。

早いもので、今日から9月ですね~

とはいえ、まだまだ蒸し暑く、珈琲豆の動きもあまりよくないですね…(T_T)

さて、大好評販売中の「バリ・アラビカ・ピーベリー」が残りほんの僅かとなりましたので、後に登場予定の数量限定スペシャルティ珈琲豆を仕入れました♪

エルサルバドル~ビクトリア農園ブルボン~です。

エルサルバドル共和国は、中央アメリカの中部に位置する小さな国です。

北西はグアテマラと、北と東はホンジュラスの国境が接しており、南と西は太平洋と面しています。

カリブ海諸国を除くと、米州大陸部全体で最小の国家です。それと同時に、中米一人口密度が高い国として有名でもあります。

エルサルバドルは面積が小さな国ですが、小さくともコーヒー栽培に非常に適した恵まれた環境を有しています。

エルサルバドルは火山が20以上もある火山地帯なので、火山灰を多く含んだ土壌はミネラルが豊富で、コーヒーの木にしっかりと栄養を与えられます。

日照量を調整する役割を担うシェードツリーも、腐葉土になり栄養を届けてくれます。

それだけではなく、国土のほとんどが高地で標高が高いため、気温が上がり過ぎることもありません。

また、コーヒー栽培に欠かせない、雨の量も十分にあります。

エルサルバドルの環境は、コーヒー栽培の視点から見ると非常に優れています。

エルサルバドルの珈琲栽培は、1800年代初期から始まりました。

多くの農園で現在も昔ながらのブルボン種が栽培されています。

ビクトリアという農園の名前にちなみ、この珈琲豆は“ビクトリー・マウンテン”と命名されました。

完熟のコーヒーチェリーを徹底した品質管理のもと、完全天日乾燥をさせ、柑橘系の甘くフルーティーな酸味とクリーミーなコクが特徴の、素晴らしい珈琲が出来上がりました。

エルサルバドル ビクトリア農園
エルサルバドル ビクトリア農園 生豆

今回のエルサルバドルは、少し深煎りのシティローストで仕上げる予定です。

なるべく早く登場させますね(^^)/
楽しみに待っていてくださいm(__)m

~丸喜では新鮮な自家焙煎珈琲豆を全国発送承り中!~
丸喜オンラインショップはコチラ♪

自家焙煎珈琲丸喜 まるきますた

この記事が気に入ったら、いいね!&フォローをしよう!

  • twitterでシェア
  • facebookでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

自家焙煎珈琲 バレンタインブレンド2023

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。
(必須)が付いている欄は必須項目です。