自家焙煎珈琲 丸喜のブログ

半田市の自家焙煎珈琲 丸喜のブログへようこそ!

  • feedlyで更新情報をフォロー
  • RSSで更新情報をフォロー

次の数量限定スペシャルティ珈琲豆は、インドネシアのバリ島です♪

愛知県半田市のスペシャルティ珈琲豆専門店「自家焙煎珈琲丸喜」店長のまるきますたです。

6月になり、しばらく経ちましたね。

だまだ天気が良い日が続きますねぇ。
でも、週末から来週あたりで、いよいよ東海地方も梅雨入りでしょうかね?

さて、バランスの良さでリピート率の高い「ニカラグア~サンタ・アナ農園ホワイト・リラ~」が残り僅かとなってきましたので、後に登場予定の数量限定スペシャルティ珈琲豆を仕入れました♪

インドネシアのバリ島の珈琲豆です。

その中でも希少な丸豆のみを集めたピーベリーですよ(^^)/

インドネシア バリ・ピーベリー 麻袋
インドネシア バリ・ピーベリー 生豆

ピーベリーとは、珈琲豆の品種ではなく、コロコロっとした丸豆の事です。

一般的に珈琲豆は、1つの実の中に珈琲豆となる生豆が2粒向かい合わせに入っていて、楕円の形状から平豆(フラットビーン)と呼ばれます。

それに対し、1つの珈琲の実の中に種子が1つしか入っておらず、丸い形をした珈琲豆があり、これをピーベリーと呼んでいます。

以前は「一つの枝の先端にできる」と言われていましたが、最近では必ずしも先端にできるものでもない、とも言われているようです。

写真のように、生豆で丸くコロッとしていて見た目で可愛いんです(#^^#)

ピーベリーは、1本の木から5〜20%の収穫量と言われていて、現地の方のハンドピックで1粒ずつ目視で選別するため、通常の珈琲豆よりも高値で取引されます。

ピーベリーは甘みが強くなる、とか、より美味しいという説や、いや実際には味にそこまで差はないよ、という説など、色々ありますが、僕もまとまって仕入れるのは初めてなので、実際に焙煎して飲んでみて、そのあたりを検証してみたいと思います(^^)/

焙煎も当然、通常のフラットビーンとは火の入り方が違うと思いますしね♪

インドネシアの豆らしく、深めの焙煎で仕上げる予定です。

ニカラグアが終売となりましたら登場しますので、もうしばらくお待ちくださいm(__)m

~丸喜では新鮮な自家焙煎珈琲豆を全国発送承り中!~
丸喜オンラインショップはコチラ♪

自家焙煎珈琲丸喜 まるきますた

この記事が気に入ったら、いいね!&フォローをしよう!

  • twitterでシェア
  • facebookでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

丸喜珈琲ギフト 夏

アイスリキッドコーヒー「冷珈」

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。
(必須)が付いている欄は必須項目です。